桑折敦子(スープストックトーキョーバイヤー)の経歴は?仕事は?料理教室が面白い!場所は?【世界はほしいモノ】

こんにちは!アザミです!

今日は7/12の22:45~放送の

『世界はほしいモノにあふれている』に

「Soup stock tokyo」

(スープストックトーキョー)の

バイヤーでもある桑折敦子さんについて

気になったことを書いていきます。

実は料理家としても活躍している

桑折敦子さん。

一体どんな方なのでしょうか?

〈目次〉

桑折敦子の経歴は?

桑折敦子の仕事は?

桑折敦子の料理教室が面白い!

スポンサーリンク

1.桑折敦子の経歴は?

桑折敦子の基本情報

名前:桑折敦子(こおりあつこ)

誕生日:非公開

職業:フードプランナー

出典:https://twitter.com/

2001年東京で飲食店勤務を経て

2004年にSoup Stock Tokyoを運営する

「スマイルズ」の採用面接でレシピを考案し、

採用される。

2017年に独立。フードプランナーとして

Soup Stock Tokyo」での商品開発はもちろん、

イベントなど活躍の幅を広げています。

★「Soup Stock Tokyo」とは?

駅前や駅ナカにある 食べるスープ専門店

全国約54店舗(2017年9月時点)あり、

女性に人気のお店。

季節ごとに種類豊富なスープを取り揃え、

カレーも人気メニューとなっています。

スポンサーリンク

2.桑折敦子の仕事は?

現在はお店のメニューをほぼ1人で作っており

全メニューの商品開発に携わっています

これまでに100種類以上のスープを

開発しています。

スープ作りに欠かせないのは、

「旅」だという桑折敦子さん。

旅先からインスピレーションを受け、

感動した景色をスープで表現したり、

その土地の人や料理からヒントを得て、

新商品を開発しています。

スポンサーリンク

3.桑折敦子の料理教室ば面白い!場所は?

「Soup Stock Tokyo」は「おいしい教室」いう

料理教室を「自由が丘」と「中目黒」

開催されているそう。

自由が丘は『also Soup Stock Tokyo』という

名前の建物で、ランチやディナーも

提供しているようです。

料理教室は1回完結型なので、自分の

興味のある回に参加することができます。

お店も大人気の「Soup Stock Tokyo」。

開催が決まってもすぐ埋まってしまうそうですが、

開催頻度は少ない日だと月1回開催~、

多い日だと10回くらいと幅広いです。

値段や人数は、内容により変わり、

3000円~6000円くらいになっています。

この「おいしい教室」は、毎回ゲストを

迎えて料理をするのも魅力の一つで、

今までには料理家や写真家、落語家など

多彩なジャンルの講師を迎えて

きたといいます。

またオリジナリティを重視するため、

レシピ通りでなくても大丈夫ということ。

旬の素材を活かした料理を学べる「おいしい教室」。

ブータンがテーマのときは、ブータンの食卓には

『卓』がなく、床の上に車座になって座ることから、

教室でも実際に床の上に座って食べたんだとか。

★「おいしい教室」の場所は?

〈自由が丘〉

住所:東京都目黒区自由が丘1-26-13 POOL

〈中目黒〉

住所:東京都目黒区中目黒1-10-23

シティーホームズ中目黒3F

スポンサーリンク

まとめ

桑折敦子さんは2004年に

Soup Stock Tokyoを運営する

「スマイルズ」の採用面接でレシピを

考案し、採用されます。

2017年には独立し、現在はイベントなど

多方面で活躍。

「Soup Stock Tokyo」とは、駅前や

駅ナカにある 食べるスープ専門店で、

桑折敦子さんはメニューをほぼ1人で作っており、

スープ作りに欠かせないのは「旅」で、

旅先からインスピレーションを得て

開発されています。

「Soup Stock Tokyo」は「おいしい教室」いう

料理教室を「自由が丘」と「中目黒」

開催されているそう。

この「おいしい教室」は、毎回ゲストを

迎えて料理をしたり、オリジナリティを

重視するため、レシピ通りでなくても

大丈夫ということ。

食べるスープ専門店「Soup Stock Tokyo」や

幅広いジャンルの料理も作れる「おいしい教室」

是非訪れたり、参加してみてはいかがでしょうか?

最後まで記事をお読み頂き、

ありがとうございました。

同じ番組に出演したバイヤーのこの方はいかがでしょうか?

小林邦宏(バイヤー)の経歴と仕事とは?世界の花屋の魅力は?農園から日本に届くまで!【世界はほしいもの】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする