和田朱美の砂時計展覧会や個展は?可愛い商品を紹介!【マツコの知らない世界】

こんにちは!アザミです。

今日は「マツコの知らない世界」で

砂時計の世界が紹介されるということで、

和田朱美さんが登場。

和田朱美さんは東京台東区谷中にあるカフェ

「サブリエ・ド・ヴァリエ」のオーナー。

店内の至る所には、砂時計が置いており、

日本で唯一の砂時計専門店なんです。

実は、砂時計作家は日本に3人だけ!

砂時計に魅了された和田朱美さんは、

そんな砂時計作家とコラボしたり、

砂時計のオーダーを受けたりしているそう!

一体どんな方なのでしょうか?

こちらの記事もおすすめです!

〈目次〉

田朱美のプロフィールや経歴

和田朱美の砂時計展覧会や個展は?

和田朱美の可愛い商品を紹介!

スポンサーリンク

1.和田朱美のプロフィールや経歴

「和田朱美」の画像検索結果

出典:https://ueno.keizai.biz/

名前和田朱美(わだ あけみ)

生年月日:1967年

年齢:52歳(執筆時)

出身地:静岡県

お店「サブリエ・ド・ヴァリエ」

子供の時に、両親に買ってもらった砂時計が

きっかけで、砂時計に魅せられた和田朱美さん。

砂時計のお店を持ちたいと思うように。

そんな和田朱美さんは、大学卒業後静岡県に

あるヤマハ株式会社に入社。

転勤などで静岡、東京、神戸に移り住み、

1993年に名古屋へ。

そして1995年28歳の時に、名古屋市千種区

覚王山に砂時計&カフェをオープン。

以来17年間砂時計のギャラリー&カフェを営み、

2013年に東京台東区谷中に移転されます。

スポンサーリンク

2.和田朱美の砂時計展覧会や個展は?

和田朱美さんは、名古屋でカフェを開いて

いる時から「砂時計展」を開催!

「砂時計展」とは、木工、金属、陶芸、ガラス、

粘土、デザインなど様々な分野で活躍する

造形作家たちが、思い思いの砂時計を作って

展示販売する、砂時計の作品展。

2018年で21回を迎えるそう(^^♪

2018年は名古屋の覚王山のギャラリーで

5月18日~27日、東京のお店で5月31日~

6月10日まで開催されていたようです!

名古屋では大体11月くらいに開催していましたが、

東京にお店が移転してからは4月~6月くらいに

開催しているよう!

アメブロなどのSNSで情報発信しているので

要チェックです。

お気に入りの砂時計が見つかりそうですよね♪

スポンサーリンク

3.和田朱美の可愛い商品を紹介!

和田朱美さんのお店「サブリエ・ド・ヴァリエ」

扱う砂時計は、お値段は1500円前後~3万円くらい。

3万円の砂時計って、びっくりするお値段ですが、

現在売り切れています。

以下は、特に可愛いと思った砂時計を紹介しています。

(残念ながら現在ほとんど売り切れています(>_<))

・5連砂時計(税込価格: 31,429円)

砂時計職人・金子實さんと飛騨高山の木工作家・

木村広明さんの合作による、5連砂時計です。

・フレンチ砂時計(ブルー)(税込価格: 4,950円)

フランスで昔使われていたタイプの復刻版。

・カラー砂時計

(税込価格: 31,429円)

人工砂を綺麗な黄色に染めた砂時計です。

画像1: カラー砂時計・イエロー

・クリスマス砂時計(オリジナル作品)

(税込価格: 2,547円)

クリスマスにぴったりの砂時計。

白とブルーのグラデーションになる砂にラメが

入っていて、キラキラと光ります。

自立砂時計

(税込価格: 2,420円)

フレームがなく、ガラス本体で自立するタイプの

砂時計です。

スポンサーリンク

まとめ

和田朱美さんは東京台東区谷中にあるカフェ

「サブリエ・ド・ヴァリエ」のオーナー。

日本で唯一の砂時計専門店なんです。

子供の時に、両親に買ってもらった砂時計が

きっかけで、砂時計に魅せられた和田朱美さん。

28歳の時に、名古屋で砂時計&カフェを

オープン。2013年に東京台東区谷中に移転

されます。

2018年で21回を迎える「砂時計展」

東京にお店が移転してからは4月~6月くらいに

開催しています。

最後まで記事をお読み頂きありがとうございした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする