マロッタ忍のプロフィールや経歴を紹介!【世界はほしいモノ】

こんにちは!アザミです。

NHKで放送されている「世界はほしいモノに

あふれてる」

世界のトップバイヤーの旅に密着した

ドキュメンタリー番組で、毎回、世界各国の

素敵なものが紹介されます。

そんな旅には毎回心がウキウキするような、

食べ物や場所が登場。

今回は世界にひとつの宝石を探す旅

オーストラリア」ということで、

ジュエリーデザイナーマロッタ忍さんが

登場!

マロッタ忍さんのプロフィールや経歴を

紹介しています。

こちらの記事もいかがでしょうか?

〈目次〉

マロッタ忍のプロフィール

マロッタ忍の経歴を紹介!

まとめ

スポンサーリンク

1.マロッタ忍のプロフィール

「マロッタ忍」の画像検索結果"

出典:https://woman.excite.co.jp/

名前マロッタ忍(まろった しのぶ)

出身:神奈川県

年齢:不明

ブランドtalkative(トーカティブ)で

ジュエリーの企画・デザイン・制作・

販売を行っている。

大学:東京工芸大学芸術学部デザイン学科

(グラフィック専攻)

受賞歴:JJAジュエリーデザインアワード新人賞、

伊丹クラフト展審査委員賞

ちなみに、「JJAジュエリーデザインアワード」は

日本のジュエリーの最高峰を決めるべく毎年

開催しているジュエリーのコンテスト。

「伊丹クラフト展」は、1989年から伊丹市立

工芸センターで開催されており、1998年からは

より規模の大きな国際公募展「伊丹国際クラフト

展」となり、2001年からは主題を隔年で

「ジュエリー」「酒器・酒盃台」として

作品を募っている展覧会だだそう!

スポンサーリンク

2.マロッタ忍の経歴を紹介!

大学でグラフィックを学んだマロッタ忍さん。

印刷会社に就職後し、グラフィックデザインの

第一線で活躍。その後、ジュエリーデザイナーを

志します。

独立を目指し、24歳でヒコ・みづのジュエリー

カレッジに入学したマロッタ忍さん。

パートナーになる女性に出会い、在学中から

戦略的に動きます。

当時は量産型のジュエリーが主流。人と違う

ジュエリーを身に着けたい人は、海外で見る

アートジュエリーしか選択肢がなかったそう。

マロッタ忍さんとパートナーは、その中間を

目指し、従来の技法を学べるメタルクラフトの

コースとアートジュエリーコースに分かれて

専攻。そして卒業後もマロッタ忍さんは、

ジュエリーメーカーでデザインを学び、

バートナーはジュエリーの卸会社で

販売を学びます。

2008年にパートナーとブランドを設立。

パートナーの出産に伴い、2011年より一人で

ブランド「talkative(トーカティブ)」を

手がけることになる。

スポンサーリンク

まとめ

マロッタ忍さんは、現在ジュエリー

ブランドtalkative(トーカティブ)で

企画・デザイン・制作・販売を行って

います。

そんなマロッタ忍さんは、東京工芸大学

芸術学部デザイン学科卒業後、印刷会社に

就職。

その後、ジュエリーカレッジに入学し、

パートナーと起業します。

量産型のジュエリーとアートジュエリーの

中間を目指し、起業したマロッタ忍さん。

2011年より一人でブランドtalkative

(トーカティブ)を立ち上げます。

最後まで記事をお読み頂き

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする